FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価値観の違い

ずっと百貨店勤務のA子さん。
取引先のシステム運営担当、B男さん。
B男さんは、百貨店にはちょっと不釣り合いなカジュアル志向。
エイプのパーカー着たり、ピンクを差し色にしたり、デニムで我が社にやってくる人。

そんな折、A子さんの驚きの言葉を耳にした。
B男さんと同じ会社の仲介役担当(Cさん)に話していた言葉。
「B男さんはなんでもかんでもシステムでガチガチに固めちゃって、私たちが手を加える隙をなくしてしまう。
あんな百貨店で買い物したことがないような人にいろいろ言われても、ちょっと心配だ」

『百貨店で買い物したことがないような人』

私とCさんは吹き出してしまった。
この言葉って、明らかにB男さんをおとしめていますよね?
私はB男さんがファッションにポリシーを持っているのが分かるんだけど、
きっとA子さんには全く分からないんだと思う。

何が良いとか悪いってのは無いんだけど、
カジュアル志向のB男さんは、百貨店で買い物をする世間一般の人たちと自分は違うと思っているだろうし、
百貨店勤務のA子さんは、そんなB男さんのファッションに全く興味がない。

自分が想像している以上に世間の様々なジャンルが交わる事って難しいのかもね。


もう一つ。
以前書いた、同じフロアでCDを出した子。
私は「がんばってるなあ」とは思うけど、
その子が何をやりたいのかが全く分からなくて。
なんか…売れたいだけ?って感じで方向性が見えない。
その子たちがしている事は、世間が求めそうな事をやっているっていう、
以前の小室ブームのような、私が一番どうでもいいと思っていることだった。
さして仲がいいわけでもないので、視聴して、ふ~ん…。で、終わり。
だけどA子さんは、CDを買っていた。
私は意味が分からず、「え!?なんでですか?」って聞いたところ、
「だって将来売れるかもしれないし」との返事でした。

よくわからないよ。
そんな理由でCDを買うのですか。
「売れるかもしれない」からサインを貰うのですか…。

世間の移ろいやすさ、移ろう人たちの多さは、
私の想像の領域をはるかに超えているのかもしれない。
イコールそれは私のような考えの人は、驚くほど少ないってこと。
気づいていたけど。いたんだけども。

うーん、住みにくい世の中である。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://3lunch.blog103.fc2.com/tb.php/84-1fcb9139
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Twitter

popiporo < > Reload

プロフィール

rico

rico
2010年5月29日、4歳年下の彼と結婚。翌年9月26日に男の子を出産しました。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © rico
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。