FC2ブログ

洗脳体験

自己開発(自己啓発)セミナーを体験した人の話。
人はどのように洗脳されていくか、セミナーの内容と心の変化が書かれていました。

私はそういうものには引っかからないって思ってたけど、
実は自分もそうとう危ういんじゃないか。

洗脳。ただ注入するわけじゃなさそうです。
私たちが日々考えていること、常識でとらえていること、
(このセミナーでは「観念」と言っていました)全てを破壊される。

その結果、新しい自分に生まれ変わった気になり、
セミナー内で認められたいという感情
(こんなことが出来るぐらい変わりましたという気持ち)から勧誘に走ったり、
柔くなった自分の心のよりどころが欲しいと宗教にはまったりしてしまう。

私のような外の殻が固い人っていうのは、
一度剥がされたらボロボロでどうにもならないと思う。
はまったら一番恐ろしいタイプじゃないか!!

セミナーと宗教の違いは、観念を破壊しておいてから、野放しにするか(セミナー)、
正解を導いてくれるか(宗教)ってところらしい。
セミナーを受けた人たちの勧誘ってのは、
今までの自分を唯一認め、救ってくれたセミナーのための奉仕活動らしいです。
その場所でだけ、自分の生き甲斐を感じるようになってしまうらしい。
そうやって思うと、セミナーも宗教も同じだね。

以前見た映画、「ある朝スウプは」も宗教にはまる人の話だったけど、
「世界にはたくさんのカルマが存在してて・・・云々」
という様な意味不明な言葉をずっと繰り返していた。
宗教にはまった人は、その言葉のみが真実になるんだろうなあ。
すげえ怖い。
洗脳体験―増補版 (宝島社文庫)洗脳体験―増補版 (宝島社文庫)
(1998/11)
二沢 雅喜島田 裕巳

商品詳細を見る

どうやら絶版みたいですが・・・。


ここまでのセミナーは最近では聞かなくなりましたが、
最近、簡単な自己啓発が流行っていますね。
わたしはああいう類に全く興味がありません。
自分で見つけなきゃ、と思います。
私はもやもやと考えてしまう、ちょっと難癖ある性格だけど、
上っ面で流されていくような人にはなりたくないです。
そういう本を読んでうれしそうに話をする人は、
セミナーにはまった人となんら変わりはありません。

いい気分になりたいから読むのでしょうか。
だれかに励まされたいのでしょうか。
自信が欲しいのでしょうか。
その思いは一生続くのでしょうか。

「チーズはどこへ消えた」が人気だった頃、私も便乗して読みましたが、
人気の理由がさっぱりわかりませんでした。
当たり前のことしか書いていない。
当たり前のことっていうのは、自分が努力しなきゃ変えられないもの。
本を読んだからと、その人の人生が180度変わるとは到底思えないのですが。

成功した人生を歩む人っていうのは、信念の強さが違うと私は思っています。
くよくよ悩んだり自己啓発本を読む前にしっかり行動してると思う。
それは私に足りないものでもあるけど、
自己啓発はそれを教えてくれるのかもしれないけど、
それでもやっぱりどうしても自己啓発は好きになれません。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://3lunch.blog103.fc2.com/tb.php/80-207dc193
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Twitter

popiporo < > Reload

プロフィール

rico

rico
2010年5月29日、4歳年下の彼と結婚。翌年9月26日に男の子を出産しました。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © rico