FC2ブログ

時計じかけのオレンジ

日本文学とは違う面白さ。
日本の映画や本はどちらかというと
心にツキンとくる内容が多いんだけど、
これはどちらかというと風刺的な感じ。

うん、面白いよ。
近未来の話になってるんだけど、
その若者用語みたいなのもいい。

デボーチカ=女
ケロビー=血 みたいな。

まーしかし
この小説を映画にしたキューブリックの才能ったらないね。

この小説の文章から、過激さは想像できるとしても、
あそこまで近未来をスタイリッシュに表現したってのがすごい。
2時間であれだけの内容を表現できるってのもすごい。

ただ感情の投影になると、やっぱり本の方が勝るなあ。
しょうがないけど。

でもあれだね、この前初めて気がついたけど
映画では「時計じかけのオレンジ」って言葉、
1個もでてこないのね。

200902091417000.jpg
本がなかったので前に使った写真を。


Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://3lunch.blog103.fc2.com/tb.php/117-c2f22ecc
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Twitter

popiporo < > Reload

プロフィール

rico

rico
2010年5月29日、4歳年下の彼と結婚。翌年9月26日に男の子を出産しました。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © rico