FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達の手作り

結婚式で、友達が作ってくれたもの。

■リングピロー
友達が「ぜひ作らせて!」と言ってくれました。
この子は人を喜ばせたりするのが好きなんだろうな。うれしいことです。

ティアラかリングピローを作ってあげるっていってくれたので
こちらをお願いしました。
IMG_1957.jpg
リボンで閉じると丸くなる、かわいいやつです。



■ウェルカムボード
IMG_1591.jpg
これ、すごすぎるんですけど!
私が好きなポピーのお花と、下のほうはお城が飛び出しています。
全部切り絵です。
色紙が10枚?重ねてあって、少しずつ少しずつ切って色を出しています。
器用なのももちろんすごいけど、このために時間をかけてくれたのがまたうれしい。


すでにリングピロー用の器を買っていたのですが、
それはウェルカムスペースの飾りとして使用しました。
IMG_1608.jpg
手作り品の中でも一番簡素なものなんだけど、
そう見えないところが手作りの面白いところ。
スポンサーサイト

映画 アウトレイジ

土曜日は「アウトレイジ」を見に行きました。

感想:私はやくざになれません。
こういうのって、やくざ映画にはありがちな内容なんだろか?
私にはとても新鮮に映りました。

みんながみんな、いさぎよすぎる。
そしてあっけないです。
人生なんて「パチンッ」
才能があっても運がなきゃいけない。

俳優も素敵。
特に椎名桔平、加瀬亮が素敵すぎでした。
椎名桔平のたびたび見せる含み笑いには惚れてしまいました。

あと痛いシーンが多かったー。
「ヒィィ!」ってなるよー。
あんなん絶対いややー。

でも、思ったより笑えるところも多かったな。
日本人じゃないとわからない笑いがね。

たけし映画、「その男凶暴につき」と「座頭市」しか知らないから
もう少し見てみようかしら。

映画 告白

ちょっとだけネタバレです。
先週の木曜日、「告白」を見てきました。

良かったです。
「なーんてね」が、後からじわじわくる。
松たか子の先生役、良かったなあ。すばらしい復讐劇でした。
木村佳乃の希望を失ったような低い声も良かった。
本を読んだ時は、それぞれの心の内があって
偶然が重なってしまったんだっていう気持ちになったけど
映画では先生に人間味がプラスされていたので
かなり先生寄りに見ることができ、
残虐的な内容なのに後味の悪くない終わり方でした。

でも、ラストで急に壮大になったのがよくわからなかった。
あそこの部分、なんであんなに時間をかけたんだろうか。
じわじわくるのがこの映画の良いところだと思っていたのに
一気に胡散臭かったです。



平日の昼だったので、私も含め1人の女性が多かった。
左隣に座った女性はビールを持って入ってきました。
ずいぶんと映画好きっぽい人が来たな、と思っていたら
その映画好きっぽい女性はビールを左手で飲み、右の手すり(私の横)に置こうとする。
館内は暗いし、女性は映画に夢中になっているから、
手探りでビールを置こうとして何度もはずしていました。
それが気になって仕方がなかったです。

場面場面で血が流れたんだけど、
そのときの女性のリアクションが人一倍でかい。
「ヒィ!」とか言ったり「ヒィィ!」とか言ったり、
もうすぐ血が流れるかなーどうかなーって場面でも
すぐに顔を手で覆ったりでした。

確かに映画だけ見た人には衝撃的すぎるのかも。

キャンドル

久々に商品を載せてみようと思ったら、楽天のアフィリがめんどくさいことになってる。
CSS使いすぎで、見やすく修正する気が失せるわー。


キャンドルを作りました。
各卓3個×11卓 + メインテーブル4個 = 約40個
うまく出来るか心配だったけど、2・3回練習しただけで形になりました。
キャンドルは失敗しても溶かしなおせばいいから無駄がでなくてイイ!
根つめてやれば、1日でできると思います。
私の場合は他の形のキャンドルも作ってみたり、いろいろと試行錯誤していたので、
ずいぶんと時間がかかってしまいました。

余ったキャンドルにはアロマオイルを入れてみよう。

IMG_1603.jpg


ずーーーっと前に日記書いたコレに流し込むだけ。




ミニサイズでシンプルなシリコン型って少ないのね。
探して探して見つけだしたコレは、本当に使いやすさ抜群でした。

式場から借りたガラスキューブにちょうどいい大きさだったよ!

燃焼時間は約3時間。
披露宴最後の方では今にも消えそうな感じでギリギリだったみたいです。


キャンドルの色もお気に入り。
コレの赤と緑でつけました。



粉末の染料では赤っぽくなりすぎて全然ちがう印象になってしまいました。
これが粉末染料。


これならもしかしたら近い色が出せるかも!
この染料は種類が豊富だし、きれいな色は見ているだけでも楽しいです。

サングリア

しあわせ だって
さけんでくれよ
ときにはぼくのむねで
ないてくれよ

こりは、チャットモンチーれす。



作ってみました。
サングリア。

やっばい。
めっちゃ酔った。

梅酒の残り梅でキムチつくって、
それをつまみにビールのんで。

イカの塩辛作ったらお酒いれすぎてしゃびしゃびで。
それをつまみにビールのんで。

締めにサングリア。

家にある大きなワイングラスに
見栄えがいいぐらいの量を注いだ。

機嫌が良いとか悪いとか
そんなんじゃなくて、
なんか注射器で酒を注入したような酔い方。

チャンポンしすぎだな、こりゃ。

サングリアうまいぞー!!

髪飾りとベール

ヘアカタログに掲載されていた髪飾りに、
ワイヤーで編んだようなものが載っていたんです。

それが気になったので調べてみたところ
「純銀クロッシェ」というものだとわかりました。

でも、この商品はあまりメジャーじゃないみたいで、
詳細や作り方が詳しく載っているページにたどり着くことができなくて。

悩んだ末、母に相談したところ、
なんと母が試行錯誤しながら作ってくれました!!
ありがとう☆

編み目をそろえるのが難しいみたいで、
一度失敗して解くと、すぐワイヤーが絡まってしまって
かなり面倒だったとの事。

でも、ぜーんぜん気にならないぐらい、
いい感じに出来上がっていました!

IMG_1664.jpg


アマゾンで私が参考にした髪飾りのページを見ることが出来ました。
(22ページです)
Happyウエディングヘアカタログ―人生で最高に美しい一日を演出! (主婦の友生活シリーズ)Happyウエディングヘアカタログ―人生で最高に美しい一日を演出! (主婦の友生活シリーズ)
(2009/12/17)
主婦の友社

商品詳細を見る



ベールはここらへんのページを参考に作りました。

http://aloha.chips.jp/handmade/veil1.pdf
http://www.wedding-dress.info/recipe/rec002.htm
http://wedding.cyapo.com/handmade/vail.html

ただ、作った感想としては、横幅180cmではギャザーが多すぎて
ボリュームが出すぎてしまった気がします。

最近販売されているベールの横幅は120~150cmが多いみたいで、
シンプル&スタイリッシュにするなら横幅が少なめでもいいのかな?って思いました。
それで、ギャザーを寄せる部分を40~50cmにすればいいと思う。

私は気がついたのが完成した後で、
めんどくさいのでこのまま使用しました。

手芸屋の店員さんには
「ミシンだとチュールが破れる心配があるから手縫いの方がいい」と言われましたが、
ミシンでも問題なく縫えました。

IMG_1672.jpg

ちょっといいレースを使用したので、お値段はそこそこかかっています。

告白

映画『告白』始まったね。
CMを見て気になるな と思っていたら彼が本を買ってきました。

ちょっと手に取って読み進めると
これが面白く、休憩も入れずに読破した。
(それだけ毎日時間をもてあましてるとも言える)

そして、本を読むと映画はつまらなくなる気もするんだけど、
これまたけっこう評価が高いんだ。

この監督、「嫌われ松子」の監督。
「嫌われ松子」は好きじゃなくて、「パコ」も見てないし知らないんだけど
今回は大分イメージが違うらしく、松たか子の演技も迫力があるらしい。

めちゃめちゃ気になってきた。
早く映画が見たいな。

告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る



そういえば

昨日何かの話の流れで、「アガサ・クリスティ」の名前がでた。
そこで急に思い出した「アゴタ・クリストフ」。
昔、私は「アゴタ・クリストフ」を知ってから「アガサ・クリスティ」を知った。
でも、何で「アゴタ・クリストフ」を知っているのかがわからない。

何か本を読んだのかと思い、この著者を調べてみても
知っている本はなかった。
有名なのは「悪童日記」・・・?
知らんなあ。
忘れただけかなあ。

でも、この著者を覚えようとして覚えたことだけは覚えている。
(なんだこの変な日本語)

ってことは、やっぱり本を読んで面白いと思ったのか?
全然思い出せない。
すげー気になる。

席札と席札立て

たっくさーーんの手作りの中でも、一番好評だったのがコレ。

式場の方にも「あまったら欲しいです!」って言われるぐらいだったんだ。
がんばった甲斐があったね。

IMG_1946.jpg

このクラウンの席札立てを人数分作りました。
色をアンティーックっぽくまとめたので、
席札もシンプルにしました。

左のスズランはスタンプで、右の英語は印刷です。

フォトショップよりエクセルで印刷するほうが、きれいに印刷されるんだ。
初めて知ったよー。


作り方はコチラ♪

SNSで紹介したら人気が高かったので、作り方ページを設けました。
この頃は、まだ時間に余裕があったってことだね~。
早めに仕上げておいてよかった。

[More...]

お花のこと その3

IMG_1952.jpg


ずっと花から疎遠になっていたので、うまくできるか心配だったんだけど。

かわいくできたんじゃないかな。

プリザで作ったロングブーケ。
本番で使用したときは、もう少し長くてもいいかな?って思いました。

使用しているアジサイがドライフラワーだったので、
本番中にカサカサと散っていき、会場スタッフには大変ご迷惑をおかけしました。

ほんと私って迷惑かけすぎだよー。





本番ではこんな感じ。

IMG_1788.jpg


ブートニア、ヘッドドレス、後ろのリボンのところも同じ材料で作りました。
ケーキ入刀のナイフは会場の花と同じなんだけど、
リボンを茶色にしてくださいって頼んだから、おそろい風に見えるよね。

ケーキにもチョコのリボンがついてたし、
新郎の衣装もブラウンだったし、
いいじゃんいいじゃーーん!って1人で喜んでいました。

IMG_1804.jpg

お花のこと その2

和装の時もブーケを持ちました。

これは以前働いていた式場の先輩が作ってくれました。

28日に名古屋を出発でそのときに受け取ったんだけど、
すごく手が込んでて本当にびっくり!!

IMG_1691.jpg


胡蝶蘭、トルコキキョウ、オンシジューム、アリウム、ベルテッセン、スモークツリーなどの他に、
ロープが巻きつけてあったり、鞠がついていたり。

たぶん移動距離が長いから、持ち運びのときに花が袋に当たらないように
考えてくれたんだろうな。

こんなすごいのもらっちゃったら自分のブーケが稚拙にみえちゃうよー。



頭にはクレマチスをつけました。
この和装が「松とテッセン」っていう名前だったの。
だからブーケにもテッセンを入れてもらったり、頭にもテッセンをと思ってね。
あ、クレマチス(英名)=テッセン(和名)です。

そうそうこのクレマチス、前日に仙台の花屋さんを探し回ったのよ。
仙台のとある花屋に仕入れをお願いしたのに、
当日言ってみたら「仕入れられませんでした」と、しれ~っと返されたの。

なので、28日の夕方頃から、花屋~花屋~花屋。
花屋がどこにあるか知らないから、
入った花屋で「この近くに花屋ありませんか?」と聞きまくりながら
見つけ出したクレマチスなのです。

間に合ってよかったねー。

IMG_1697.jpg

頭にはその他にも、櫛とかんざしがついています。
これはお母さんのもの。
見えるかな?

お花のこと

楽しかった結婚式が終わってしまいました。
早いなあ。約1年、いろいろあったなあ。


さてさて、
これからはここに書けなかった小物やこだわった事などを少しずつ書いていこうと思います。


会場の花はかなりこだわりました。
けっこう難しい要求もしちゃったかな。
最初の打ち合わせではうまく伝えられなくて、
メールを送ったり、写真を見てもらったり、たくさん迷惑をかけてしまったと思います。
本当にありがとうございました。


母がもともと花好きで、私はその影響を受けてるんだけど
披露宴が終わった後、母が「会場の花、すごく良かったよ」と言ってくれました。

IMG_1718.jpg

IMG_1689.jpg

使用した花は
・シャクヤク
・バラ
・スプレーバラ
・スモークツリー
・アジサイ
・サンキライ

かな?

ここだけの話、花材も指定してました。
メインテーブルのシャクヤクが満開すぎて、
もう少し8分咲きでも良かったかなー。
なんて、わがまますぎる私。


そして、当日の朝に手作りしたブーケ。
もち手の方向が悪くて、肝心のシャクヤクが見えない。
ほんと、バカだ。

IMG_1660.jpg



使用した花は
・シャクヤク
・トルコキキョウ
・ユーカリ
・ブラックベリー
・クリスマスローズ
あとは名前がわかりません。。

名古屋の花屋で買って、仙台まで持っていきました。
一時、水が下がってしまったのだけど、
当日はなんとか持ちこたえてくれた。

式直前までバタバタしていたけど、それはそれで楽しかったです。
バタバタと言っても前日は全然緊張していなかったので睡眠時間は十分とれたし、
お肌の状態もグゥ!!だったよ。

このブーケは独身の友達にプレゼントしました。

結婚式終わりました♪

かなりご無沙汰していました。

結婚式が無事終わり、ほっと一息ついたところです。
当日は終止なごやかムードでとても幸せな1日でした。

挙式は厳粛なムードで始まり、
音楽にホロリと来そうな場面もあったのですが、
父が・・・・父の挙式時のステップが・・・・・

何度練習してもうまくいかなくて
ヒヤヒヤしていたら、泣くタイミングを完全に失いました。

さらに彼の指輪が関節までしか入らないし。
デコにキスが、髪の毛になってるし。

私、笑いすぎてしまったかも。
緊張もあって、つい笑ってしまうのよねー。


列席の人には泣いてる人も多かったみたいですが、
当の本人たちはそのことに全然気がつかず、
緊張している間に終了してしまった感じでした。


鐘の音とともにフラワーシャワー。
IMG_1663.jpg

披露宴の入場は和装でした。
和装も悩んだのですが、結局名古屋でレンタルした衣装になりました。
私はピンクの古典柄を希望していたのですが、
私の母と彼がぜったいこの打掛の方がいい!!という押しに負けて赤の打掛になりました。
ずっと残念だなーと思っていたのですが、
今ではこの打掛にして良かったなって思っています。
会場が白をメインしたところだったので、かなりインパクトがあったのではと思います。

扉が開いた瞬間に、会場から「ワアア!」と歓声が聞こえてきました。
きっと和装を着ると思っていなかったんじゃないかな?
和装をやってよかった!!

IMG_1694.jpg

その後、鏡開きをしました。
「よいしょ、よいしょ、よいしょーー」の3度目で割るところを、
彼が1度目で割っちゃった!!
これ、心残り。

三度目で勢いよく割りたかったーー。


みんなびっくり顔。
IMG_1700.jpg


友人スピーチもなぜか泣けたなあ。
泣ける話全然してないのに。

ただ、和装の時間は「え??もう??」ってぐらい早かったです。
友達と撮った写真が一枚もない。
これもまた心残りだーー。
ドレスより和装を長く着ていたかったよ。


そしてお色直しはまたWドレスで入場。
ブーケと髪型だけ変えました。

入場曲は加山雄三の「お嫁においで」。
この曲だけ他の曲と雰囲気が違うから、ちょっと心配していたんだけど
扉が開く前から手拍子が聞こえてきました。
年配の人が多かったので、みんな知ってる曲を と選んだのですが、
成功だったみたいです。

ケーキ入刀をして、マザーズラストバイト。
(ファーストバイトはこっぱずかしいのでやりませんでした)

このとき、私が3~4歳の頃に歌った「おかあさん」の歌を流してもらったんだけど、
そしたらお母さん、びっくりして泣いてしまいました。
内緒で用意した甲斐があったな。
いや、泣かせたかったわけじゃないんだけどね。

IMG_1815.jpg

彼の友達は余興で和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」を大熱唱!!
ディナーショーみたいに会場内を歩き回りながら歌う姿にアッパレでした。
そして歌がうまい!
たくさん笑わせてもらいました。

泣いたり笑ったり、みんなと写真撮ったり、
本当に楽しく終了しました。

遠くから来てくれた友達にも感謝感謝。
さらに急遽決まった2次会にまで参加してくれて、本当にありがとう。
男ばっかりのところで、肩身せまかったろうに。

彼の親戚や知人がとても多かったのだけど、
知らない人からの祝福はとても心に染みました。

本当に楽しい一日だったよ!!!
あの時の感動や気持ちを忘れないように、これから過ごしていきたいと思います。

IMG_1895.jpg

そして、この日から結婚指輪をはめての生活が始まりました。
なんだろうなあ・・・。
こんな些細なことなのに、ちょっとくすぐったい感じ。
悪くナーイ!!

Twitter

popiporo < > Reload

プロフィール

rico

rico
2010年5月29日、4歳年下の彼と結婚。翌年9月26日に男の子を出産しました。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © rico
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。