FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆の踊子

実はサウスバウンドの後にこの本を手に取ったんだけど、
どうも難しくて断念してしまいました。
登場人物の名前が覚えられなくて・・・。
でも伊豆の踊子は読みました。

14歳の少女の健気で無邪気な様子を見て、作者は心洗われていくというお話。
物語に共感するというよりも、その文章の艶めかしさに「ほう。」と思わずにはいられない。

「彼女は花のように笑う。花のように笑うという言葉が彼女には本当だった。」

この文章がすごく好き。淡々と思いを伝える難しさをさらっとやってのけた。


そんな矢先、荒木飛呂彦が「『伊豆の踊子』の表紙を書き下ろし」との情報!
ジョジョ好きな私には嬉しい限りです。

どれくらいジョジョ好きかというと、
ガチャガチャをやってみたり、数千円する大きい本も買ったぐらい。
しょこたんが出てきたときに敵意を持ち、
パソコンがまだまだ普及していない時代、ネットで遊ぶのは
ジョジョのカルトクイズばかりといった具合。
知ってる人は知ってるけど、4部~5部辺りの私の熱狂ぶりはすごかった。

それはおいといてー。
表紙の書き下ろし。
内容の雰囲気と似てる感じになるんじゃないかしら、
と思ってたけど、見てみたらけっこうごついかなあというのが印象。
もともと男性的な女性を書く人なので、しょうがないね。
でも色づかいとか、カッコイイ!!さすがです!

20080626-00000001-maiall-ent-view-000.jpg


これは絶対、買いでしょう!!

で、家にあるのはこっち。
伊豆の踊子 (新潮文庫)伊豆の踊子 (新潮文庫)
(1950/08)
川端 康成

商品詳細を見る
スポンサーサイト

梅酒 その後

この前作った梅酒を味見することにしました!
楽しみだなーとワクワクしながら、ふと気づいた。

これって、何割りにしたらいいんだろう?

ラム酒はいつもコーラで割って飲んでいたので、そのまま飲むとかなり辛い気がする。
でもコーラで割るのもなんかもったいないし、水割りも違うし・・・
悩みながら、とりあえず無糖の炭酸水を買ってみました。

でね、まずはロックで味見してみたら。
わお!フルーティ!!
梅エキスで驚きの味に変わってました。
ラム酒独特の薬くさいような味は全然なくなってた!
梅でここまで変わるのかあ。ロックが一番おいしく飲めるぐらい。

で、もう一つの芋焼酎の方は。

ンン?ちょっと微妙な味・・・?

と思ったのは初めだけで、飲めば飲むほど気になる味っていうか、
なんか面白い味になってました!これはハマりますねー。

今回はすぐに飲めるように、梅に穴をあけて作ったんだけど
穴をあけずに1年かけてじっくり作るのもやってみようかな。

でも6月下旬にとれる梅は熟しているので梅酒に向いていないらしいです。
作るなら青いやつ探さなきゃ!

デッドエンドの思い出

短編集。
大事なことをさらさら~っと伝えるので、肝心な部分を見逃しそうになる。
見逃さないようにと努力して読んでみても、私はきっと「かすった」程度にしか
分かっていないのじゃないかと思う。

文章が綺麗で曇りがないのに、底が見えないほど深い。
この人の作品はいつもそう。
感動したり、胸が苦しくなる前に、すべて浄化されたような気分になる。
なんでだろう。すごい才能です。

「あったかくなんかない」「デッドエンドの思い出」が好き。

デッドエンドの思い出 (文春文庫)デッドエンドの思い出 (文春文庫)
(2006/07)
よしもと ばなな

商品詳細を見る

雨にも負けず

雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち 慾はなく 決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり そして忘れず
野原の松の林の陰の小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば 行って看病してやり
西に疲れた母あれば 行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば 行ってこわがらなくてもいいといい
北に喧嘩や訴訟があれば つまらないからやめろといい
日照りの時は涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩き
みんなにでくのぼーと呼ばれ
褒められもせず 苦にもされず
そういうものに わたしはなりたい

先日この詩を読んでて、二人ですごいねーと言い合ってた。
彼はおじいちゃん子なんだけど、こういう人だったんだって。
「おれもじいちゃんみたいになりたい」って。
でも美味しいものを食べたいとか、服が欲しいとか、お金がほしいとか
そういった類の欲深い感情がある度に「慾はなーく!」と言い合うぐらいで、
全く行動はできず。


そんなある日、私が通っているサックス教室の先生が丁度こんな話をしていた。

千手観音はなんであんなにいっぱい手があるか知ってるか?
あれは一人でも多くの人を助けようとしているからなんだ。
私たちのこの手は、1本で100人とか、それ以上の人を助けることができる。
千手観音は多くの人を助けるためにあんなにいっぱい手がついているんだよ。
それを思うと、今の日本や世界は、自分の利益・エゴ、
少し広げても自分の少し回りの人たちの利益の事しか考えていない。
このままじゃどんどんおかしくなっていく。

私はこの話を聞いたとき、「宮沢賢治だ!」って思って。
この人も宮沢賢治派だ!って。

家に帰ってその話をしたらね、彼に
「ricoちゃん、宮沢賢治はあの詩で『人助けをしたい』ことが言いたい訳じゃないんだよ。」
って言われた。
私は「そうとらえてるわけではないけど、そこまで違うの?」って感じ。

「慾を持たず、善の行動をする人」ニュアンスは違うけど
(書いててもかなり違うのはわかってます!)そんなだと思ってた。

彼「違う。あの詩は、誰の中にも存在していて、かつ誰も支配していない、
そんな、空気のような人になりたいって言っているんだよ。
おれは近しい人の利益しか考えられない人だって別にいいと思う。
わかる?存在が薄いわけではないんだよ。
誰からも気に止められなくていいんだけど、
誰の記憶の中にも入り込む、圧倒的な存在感があるんだ」

ひゃあ~すごく難しい。
そういうひとに わたしはなりたいとかなりたくないとか考える以前に、
そういう人の存在をイメージするのに精一杯になってしまう。

「おれのじいちゃんはそうだった」

私はもっともっと上に行かなきゃいけないと、くだらねーことうだうだ
やってたらいつまでたってもその場の足踏みで終わってしまうと
いつも考えさせられてしまいます。

オー・ブラザー!

前から好きだったけど、最近またハマっちゃった。
内容も素敵だし、音楽もいい。
サントラを買ってしまうほど、音楽いい。
カントリーからブルース、ゴスペルまで楽しませてくれます。

つい先日DVDを見ていたら、ジョージ・クルーニーがこの世で最高の微笑みを
披露していたのを発見してしまった。
まじで。この人ただのクールなおっさんかと思っていたけど、
こいつのせいで私はジョージにメロメロ。
その箇所だけリピートする日が数日続いた。
大分落ち着いたので、みなさまにお知らせします。
著作権に引っかかるかな?



デジカメからの動画なので汚くてごめん。
♪ストレンジャー~ の後のウインクです。
一途な男のウインクです。愛されてる気がしてしまう。

音楽に興味ない人には少し退屈な映画かもしれませんが、
私のトップ娯楽映画です。
好きな映画って「泣ける」とか「感動」とか「驚き」とか
そういうのが上位になりがちだけど、
このウキウキ感もたまりません。

おもしろ度
★★★★★★★★☆☆ 8点

ハッピーエン度
★★★★★★★★★★ 10点

おすすめ度
★★★★★★★★★★ 10点

オー・ブラザー!オー・ブラザー!
(2002/05/24)
ジョージ・クルーニー

商品詳細を見る


オー・ブラザー!オー・ブラザー!
(2005/10/05)
サントラエミルー・ハリス

商品詳細を見る


ジョゼと虎と魚たち

(今さらですけどネタバレです。)

でもってDVDみたらさ、なんかすごい悲しいわけよ。
涙をぐっとこらえて見たけどさ、
見終わった後のメニューで流れてるBGM「恒夫とジョゼ」に号泣。
映画は泣かずに見たのになんで今さら!!くるりのバカ!

本ではあんなに幸せそうだった二人がどうなっちゃったの。
私の中で、二人は永遠だったのに・・・。
現実を突きつけられたようで、すごくつらくなってしまった。

本では二人の時間は止まった。
映画の二人の時間はずっと進んでいった。
それだけのこと。
ジョゼも恒夫も、誰もかれも悪くないけど。

でもでも自分が信じたものは永遠じゃなきゃいやだ!
ねえ、そういうもんでしょう?
ジョゼはこれからも人生の起伏に流れるように生活していくし、
恒夫は大きな傷を背負って生きていくんだ。
こんなつらいことってないよ。

ダンサーインザダーク見たときと同じ気持ち。
すげーいい映画だけど、すげーダメな気分になる。

泣ける度
★★★★★★★★☆☆ 8点

おすすめ度
★★★★★★★★★☆ 9点

ジョゼと虎と魚たち 特別版 (初回限定生産2枚組)ジョゼと虎と魚たち 特別版 (初回限定生産2枚組)
(2004/08/06)
妻夫木聡

商品詳細を見る

ジョゼと虎と魚たち

すごく個性的で強い文章を書く人だと思った。
9作品収録されていますが、その個性と強さはどの作品にもあって、
存在する「モノ」「思い」をありのままに伝えるのが得意なんだなと感じた。
人生経験が豊富というか、いい意味で作品を作ることが日常で、
生活になっているというのがよく伝わってくる。

「ジョゼと虎と魚たち」は映画の内容を知らずに読んだのだけど、
ジョゼはものすごくワガママに見えてしょうがない。
でもジョゼの考えることは奇天烈で輝く色があって、
恒夫はジョゼのそういう部分が好きなんだろうなあ。

作品は全て関西なまり。
そのなかの「ちょぼちょぼ」という言葉が気に入った。
たぶん「どっちもどっち、お互いさま」という意味。
「その二重人格かてちょぼちょぼやないの」といった具合です。
関西弁ってキツく聞こえるけど、単語はすごくやさしくオブラートされている、
人情味あふれる言葉なんだね。

ジョゼと虎と魚たち (角川文庫)ジョゼと虎と魚たち (角川文庫)
(1987/01)
田辺 聖子

商品詳細を見る

梅酒 ○○○

梅酒をつくってみた。
通常はホワイトリカーでつくるんだけど、お酒なら何でもいいらしい。
家にあったお酒は、芋焼酎とラム酒。
なんかおいしいのができそう!と2種類作ってみました。
たのしみだー。
梅酒

でもねえ、
芋焼酎、「三岳」なんだよね。
知ってます?屋久島の、かなり希少価値の高い焼酎なんです。
どのページ見ても品薄、品薄、品薄。
こんな貴重なお酒使ったら、焼酎好きな人は怒るだろうなあと思いつつ。
思いつつ。

ぜーんぶ使い切りました!!きゃーーーー!!

3ヶ月後くらに味見する予定です。
いいお酒を2種類使ったので、
おいしくなかったら結構ショックだ。

アロマ教室

アロマ教室を体験してきました。

場所は東海市。
ちょっと遠いけど、花屋で一緒に働いていた子が始めたんです。

今回は石けん作り。
香り選びは、自分が好きな香りを選ぶのもいいんだけど、
美容効果の高いものや、炎症を防ぐ効果のあるものとか、いっぱいあるんだって!
私はアトピーやかゆみを抑える効果のある「イランイラン」を選んでみました。
イランイランって、エッチな気分になる香りで有名だけど、肌荒れにも効くとは。

配分は難しいみたいで、4~5種類の香りから合計15滴を垂らすんだけど、
その配分は友達がやってくれました。

できあがりはこちらです!
アロマソープ


アロマのこともっと勉強したくなった。
すごい昔に興味を持って、アロマポットも持ってたけど、何か作ったりしたことはないので、
化粧水とか美容液とか、自分で配合して作れるぐらいにはなりたいかも。

先生合わせて4人だったんだけど、みんな当時一緒に働いたスタッフの人。
ただの遊びじゃなくて、みんなで学んでるって感じが良かったな。

私は興味があることでも独学でやろうとしてしまう方なんだけど、
教えてもらうと「学ぶ」以外の楽しいことがある気がするね。

精油の香りをいろいろ試して、
その中には歯医者のにおいや、シップのにおいもあった。
みんな、くさい!とか、おぇ~!とか言ってるのに、私は嫌悪する香りは1つもなく。
食べ物でも好き嫌いないけど、香りもここまでとは!
逆に好きな香りが見つけられなくて迷いそうだよ。

関係ないけど、
アロマよりももっと昔(小、中学生のころ)ポプリに興味をもっていて、
ポプリの本に「鉛筆」っていう材料が書いてあった。
鉛筆に使う木にいい香りのするものがあるんだって。
私、そのいい香りの鉛筆を見つけたことがあって、
(ほんとは違うかもしれないけど、その本を見たのでそう思えた)
鉛筆削りできれいに削ってはくんかくんかしてた。

あと、シロツメクサの匂いも好き。一晩乾燥させた匂い。
ハハコグサもよく取った。
草花にふれあえる場所に住んで、そういう経験をしてきたことに今では感謝です。

日本人も、昔ほど香りに対する嫌悪感はなくなってきたような気がするよね。
特に自然の香りは日常にもたくさん使われてるし。

そのうち本を買って、いろいろ勉強する予定です。
また教室にも行こっと。

珍道中3日目 四国~名古屋

フェリーで四国まで来て「うどんを食べただけ」、というのも味気ないので、
朝はちょっぴり早起きして栗林(りつりん)公園に行きました。
ここは、前日までに予約を入れると『朝がゆ』をいただくことができます。
小さな小屋?なんていうの?、離れみたいなところで私たちもいただきました。
値段はおかゆの種類で変動するらしい。

今回私たちがいただいたのは、高知の特産「碁石茶」で炊いたおかゆでした。


この「碁石茶」は独特な製法で作る、発酵茶だそうです。
不思議な酸味とまろやかな発酵(納豆みたいな)を感じる味でした。
調べたら、ネットでも碁石茶でつくる茶がゆの作り方が紹介されていたので、
興味があったらこちらも。
それから1つだけ乗っている黒い豆は、香川名産の「しょうゆ豆」と呼ばれる、
空豆を醤油で煮たものです。
普通の煮豆よりもかなりしっかりした歯ごたえでおいしかった。

その後公園を散歩。
雨上がりの公園はほんの少し冷たい風が吹いて心地いい。
お抹茶もいただいたし、猫も見た。


ちょっと急ぎ足だったけど、香川の朝を十分満喫したと思います。

10時30分発のフェリーに乗り、神戸へ。
名古屋行きのバスまでもあまり時間がないんだけど、
もう一回肉まんを食べるために、元町へ行きました。
今回は8つ買った。肉汁に気をつけながら食べる。やっぱりおいしーねえ。
南京町の通り脇にマシュマロの店もあったけど、今回は入りませんでした。
(夜、名古屋の成城石井で見かけて驚いた!)

2日目は大したこともできず、3日目は忙しく終わったけど、これはこれで面白い旅行でした。
2泊3日、おいしいもの、(おいしくないもの)、お酒、いっぱい食べて飲んで、3万7千円!
これならかなりいい旅だったんじゃないかな。


おまけ






ごめんよー。

珍道中2日目 四国

2日目 神戸~四国

神戸から四国はフェリーで約4時間の旅です。
あいにくの雨の予報と1日目の疲れもあり、朝6時発は見送って10時発のフェリーに。
初めてのフェリー。
船内は結構快適で、だらだらと観光ガイドを見たり、外気に当たったり、
小さいゲーセンで遊んだりしてすぐに到着しました。

船内でマッサージ。痛くてのけぞってます。

ガイドブックで目星をつけたのは金比羅さん~橋のコースか、直島っていう小さな島。
特に直島は時間があったら絶対行きたかったんだけどね。
こんなところ→http://www.naoshima-is.co.jp/
結局雨だし時間もないしで、どちらも行けず。
四国は、あと道後温泉も行きたいので(これはリッチに旅館に泊まりたい!)
少なくともあと2回は行こう。

目的が何もなくなってしまったので、この日はうどんめぐりをすることに。
香川のうどん店はなくなり次第終了のところが多く、駅周辺はすでに閉店していました。
タクシーの人曰く「駅周辺は観光客目当てで美味しいところは少ない」とのこと。
なので、レンタカーを借りてうどんめぐりをする。
1店目は駅から1kmほどの店。
めんつゆが終了のため、私たちが最後の客でした。
ここの麺は結構柔らかく、初めての讃岐うどんにしては残念だったかな。
でもつゆがとても美味しかったので、全部飲み干す。

もう1店はおばあちゃんが有名な店、池上製麺所


夕方4時からの開店で、4時5分ぐらいについたのにこの行列!
でも並んだ甲斐あり、もちもちのすごくおいしいうどんでした。


不動の滝を見て、行基の湯に入り、霧のすごい山道をドライブして。
山道は前がみえないし道も舗装されてないし、そうとう怖かった。

そしてホテル。ここもまあ相当のボロです。
でも気にしない気にしない!
その分夜はリッチに行けばいいからね~♪
ガイドブックでみた、魚貝の美味しそうな店にGO!
そしたらそこ、つぶれてました・・・。まじかよー。

仕方なくそこらの居酒屋へ入った。
注文は「厚焼き玉子」「アラ煮」それから「ふぐの三杯酢」
ふぐの三杯酢、450円でした。ふぐにしては超安くない?
ふぐの皮の事なのかと確認をすると、「身です」っていわれたから注文。

まず厚焼き玉子が来ました。
玉子、真ん中辺りが黄緑色と言うかうぐいす色と言うか・・・。
なんでこんな色なんだろう。
ちょびちょび食べてたら、それについてたサラダになにやら蠢くものが。

・・・・・・・・・・・・・・・。

rico「これ・・・なめくじがいるんだけど。」

なぜかひそひそ話。なぜか笑いがこみ上げる。

どうしよう、言った方がいいよね、などといいながら、
他の客に聞こえないようにひっそりとスタッフに教えました。

「(小声)ここ・・・、これ、なめくじなんです」

実際、気持ち悪かった。呆れて笑えるんだけど、悪寒が走る。
その後に来たふぐの三杯酢は、小さいふぐの一夜干しが三杯酢につけてあるだけ。

彼「これは料理として成り立っているのか!」

うん、これはメニューとして出すにはあまりにもひどい代物ですね。
ふぐカチカチだし。
アラ煮は美味しかったけど、二人はもうどうでもいいといった感じ。
本当にひどかった。

結局昨日の神戸とあわせてとんとんの結果に。
なんだかなあー。

神戸:Takebou

店内に流れるジャズは音量が大きめで、
ガチガチのフランス料理の空気とは異なるものでした。
客は私たち以外に2人。
会社の同僚か、飲み会で知り合った友達といった男女が
楽しそうにビールを飲んでいました。
最初はいつもビールの私も今日は白ワインから。
料理は、食べ過ぎるとそのあとのショコラが美味しくいただけないと思い、
まず3品にしました。
『フォアグラのリエット』、『本日の魚料理』、『鴨と林檎』。
この店の人気メニュー『鴨と林檎』は注文を受けてから
林檎を焼くので、時間がかかるそう。
でもゆっくりのんびり食べたい気分だったので、ちょうど良かった。

『フォアグラのリエット』
フォアグラのリエット

こういうものって、だいたいの店は量が少なくて物足りなく感じるものだけど、
ここは気前よくだしてくれたので惜しみなく食べられました。
風味は思ったよりも軽く、フォアグラ臭さが少ないです。
このボリュームなので、これぐらい軽い方が食べられるのかもね。
ワインがおいしく飲めるー。つまみにはピッタリでした!

『本日の魚料理』
本日の魚料理

本日の魚はイサキでした。こういう場所ででてくる白身魚は大好きです。
ソースが自分好みにヒットすると本当に嬉しいよね。
今回は・・・大ヒット!ホームラン!!うますぎる!!
魚は柔らかくて臭みもなく、ソースが・・・ソースが・・・うまーーーーい!!
ブラボーーー!!スタンディングオベーション!
余談ですが、こういう場所ででてくるソースってどうしてます?
私は親の影響もあり、パンにつけたりしてきれいに食べるのが大好きなのですが、
一時期「これってやましい人?」と考えたことがあって。
でもね、ソースを誉められるのって、シェフはとっても嬉しいことだと思う!
そう考えて、気にせずに食べるようにしてます。
今回も、このソースがあまりに美味しいため、バゲットを追加注文しました。
そしたらスタッフが「『鴨と林檎』と一緒にお出ししましょうか?」って。
気が利くね。人気メニューをあつあつのバゲットで食べるのかなって思ったんだろうね。
「いえいえ、このソースも食べたいので。」と伝えたところ、
ニッコリと「はい、ありがとうございます」と厨房に入っていきました。
「オレあの人すき。」とは彼。
ほんとに気配りのできる感じの良いスタッフで気持ちよかったです。

『鴨と林檎』
鴨と林檎

私たちのグラスワインが赤に変わり、
向こうの客がボトルワインで楽しそうになっている頃、鴨と林檎が運ばれてきました。
鴨と林檎プラスα。さつまいもです。
彼はスタッフに「これも林檎ですか?」って聞こうとしたらしい。なんでやねん。
もちろん味は美味しい!程よくうまい!
鴨の焼き加減も良く、林檎はまるでバターのように柔らかい。
かみしめかみしめ、舌触りを楽しみつつ、鴨独特の臭みを感じつつ、
お口直しにさつまいもを食べて。

この頃にはこの店はもう大御贔屓になっていて、食べることの幸せとアルコールで、
ただうまいうまいと食べていました。

そして、3品なのにお腹がいっぱい!
ショコラと貴腐ワインもこの店でデザートに食べれないかなあと
スタッフに伺ってみたところ、やはり店内での持ち込みワインは禁止とのこと。
抜栓はしていただけるというので、帰り際に頼んだら、
栓が少し緩いのでとラップを巻いて補強までしていただけました。
雰囲気良し、味良し、スタッフ良しで、私たちは大満足!!
本当にいい店に出会えました。
神戸なら近いし、「今日はtakebouに食べに行こう!」なんて大人のディナーが
できる日がこればいいなあと心から思います。
takebouに行くついでに神戸でショッピングなんて、すごく素敵よね!
それぐらい魅力の店でした。

*****************************************

Takebou
住所:神戸市中央区北長狭通3-2-6 KBCビル3F
電話:078-391-3106
営業時間:16:30~24:00/月曜休
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/c325700/
ブログ:http://profile.ameba.jp/takebou07425/

*****************************************


珍道中1日目 神戸

神戸→四国の旅行に行ってきました。
急に決まったので(2日前!)、交通や宿の手配が大変でしたが、
神戸まではバスを、神戸から四国へはフェリーを使用し、安く行くことができました。
ほんとは四国への直通バスが満席だっただけなんだけど・・・
直通バスより安かったのでいいや。

1日目 神戸までバスで約3時間。

・南京町で食べ歩き。
ミミガーの煮込みと割包をたべつつ、あの行列の老祥記へ。
今日は姉妹店の方しか開いていませんでした。それに思ったよりも行列も少なめ。
ここのはあれね、皮がうまいのね。ほのかな甘みがあって。
私はそうでもなかったんだけど、彼が食べた肉まんの肉汁がすごかった!
かじった瞬間、反対側からビュビュッっと肉汁が!!
手は油でべったべた。
それ見て彼は「ギラギラしてる!ゴールドフィンガーだ!」だって。お下品極まりない。
それからちまきやパイナップルも食べた。
パイナップルは一切れ100円で、じゅわ~っと甘い。
2人で1本買ったのに、私ったら「んま!んまい」と全部食べちゃって、
何度も責められてしまいました。
ミミガー
ミミガーとテビチのごった煮。ミミガーがそのまま耳だった!

にくまん
老祥記の肉まん

・旧居留地~異人館
神戸はいいところ。小さい街で、歩いていろんな場所に行ける。
旧居留地の町並みを見てから、バスで北野の異人館へ。
北野は坂道。
私は古い町並みや廃墟が好きで、大きな洋館も魅力だけど、
そこに着くまでの道のりがすごく楽しかった。
公園にいるノラ猫、古びた家や廃墟にワクワク。
公園
ノラ3匹。1匹は水道の上。

道

家


洋館には入らなかったけど、受付のおばさんが私たちを招き入れようと
詳しく館内を説明してくれたので、なんだか入った気になれてよかった。
高岳-390


・元町をぶらぶら
ガイドブックに美味しそうなショコラの店があり、
今夜は貴腐ワイン(甘いワイン)でそのチョコを食べようと、
ショコラと貴腐ワインを購入しました。
かわいい靴屋も見た。歩きやすそうな革靴が1万以下で、
靴擦れしてた私は買おうか迷ったけど、天気予報が雨だったので諦めました。
その後、夕食を軽く済ませるために飲食店を探すも
なかなかめぼしいところが見つからない。
二人ともワインとショコラで気分がヨーロピアンになっているので、
普通の居酒屋では納得できなくて。
もう、「次に見つけた店に入ること!」と決めて、歩きだしました。

・『takebou』
で、ちょうど見つけたのがこの店。
高岳-427

メニューもおいしそうだし、ワインも豊富。
無理な決め事で見つけた割に、二人とも喜んで入店!
ここは本当に美味しかった。しあわせー。
今回の旅行はこの店のおかげでいいものになったと言っても過言ではないぐらい、素
敵な店でした。

・1日目終了
私たちは中途半端な贅沢はあまりしないので、ホテルも激安です。
1人3000円。寝るだけだし。
takebouで抜栓してもらった(ワインオープナーがなかったので)貴腐ワインは
フルーツみたいに甘く、ショコラはキャラメル味やベリーなどの上品な甘みで、
シロップ漬けのオレンジやらなんやらで
とても幸せぐでんぐでんで眠りにつきました。
ショコラとワイン

Twitter

popiporo < > Reload

プロフィール

rico

rico
2010年5月29日、4歳年下の彼と結婚。翌年9月26日に男の子を出産しました。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © rico
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。