FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコに悩む

せっかくなので調べたことが何かの役に立てばと思い、エコページをつくります。

仕事でエコについての文章を書くことがある。
百貨店で取り扱っているエコ商品を紹介していくのだけど、最近はかなりのネタ切れです。
オーガニック、スローライフ、ロハス、手づくり・・・
聞こえはいいけど、これって結局百貨店が必要でなくなるってことでは?
そこからエコ商品をさがすのって、本当に大変です。

そもそも考えているとエコって何なのかもわからなくなってくる。


●スローライフ(wiki参照、簡潔にまとめました)

生活様式に関する思想の一つで、地産地消や歩行型社会を目指す生活様式を指す。

バブル時代に発展した大量生産・高速型のライフスタイルや、車の普及。
全国各地に郊外型ショッピングセンターやロードサイドショップが急増し、
中心部では空洞化(ドーナツ化現象)やスプロール現象が進行。
その結果、地方都市が画一的な様相を呈する傾向にある。

私の理解。

大量生産→大量廃棄
高速型→いそがしい(適当すぎ・・・)
車→排ガス

↓よって

都市→仕事場
地方→似たり寄ったりの町、中途半端

まあこんな感じ?で、続き。

これに対して、有機農産物や地元産の農産物が奨励されたり(地産地消運動)、
沈着型でゆっくりした生活様式を唱える動きが出たりするようになった。

問題はここです。
これに対しての「これ」って何でしょう。
なんで上の文に対して「有機農産物」が奨励されるようになるのか?

悩んだ結果、私なりの解釈はこうです。

地産地消運動!地域密着で行きましょう!
都市を離れてゆっくり生活しよう!ていうか忙しい生活やめよう!
つか自給自足しよう!心と体の健康第一!自然と戯れて生活!虫も友達!
→有機栽培バンザーイ!!

簡単に書いてるけど、ここに辿り着くまでかなり大変でした。

すると今度は何がエコなのかがわからない。
思いつくのは排ガスの減少、化学肥料を排除して地球と私たちの健康を守る、とかでしょうか。
ちなみに健康によいものとエコは全く無関係ですが。


●北欧のライフスタイル

気に入った物を長く使い、自然を上手に取り入れて生活するのが得意な北欧の人々。
冬の大半を家の中で過ごすので、家の中での心地よさを大切にしています。
明るい色使いが多いのは春を待ちこがれる人々の気持ちからだそう。

で、北欧の生活はエコなのか?北欧雑貨を揃えればなんとなくエコなのか?
それは違うよなあ。

北欧スタイルを取り入れて育まれる物は何だろう?(エコ視点で)
自然素材を上手に使うので、自然のすばらしさに気づく。
おわり。

エコとして北欧を真似できるのは長く使うってことぐらいです。
オーガニックコスメもあるけど、あれは自然をうまく取り入れようってだけでエコではないような。

ロハスな生活は素敵です。環境問題を考えて生活するのは必要だと思う。
ただ、エコロジーエコロジーと叫ばれている中、私たちができるエコな買い物ってほんとに少ない。
目立つものとしては電化製品ぐらいでしょうか。
ロハス、スローライフの提案の1つに「エコ」はあるけれど、「エコ」として商品を提供していいのか。
再利用して作る前にそれは本当に必要なのかと。むしろ「買わないこと」がエコでは?
一人一人が環境を考える、それこそがエコだ!ってんなら話は早いんですけど。
最近の私の悩み。これからも続きそうです。

スポンサーサイト

Twitter

popiporo < > Reload

プロフィール

rico

rico
2010年5月29日、4歳年下の彼と結婚。翌年9月26日に男の子を出産しました。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Copyright © rico
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。